自分のペースで勉強したい人は通信制高校で卒業資格を取ろう!

合否を左右する

原稿用紙

大学や専門学校に進学するには入試や小論文といったことが行われます。進学する人にとっては避けては通れない道です。その中でも重要とされている小論文に苦しむ人は多く、普段からの対策が必要になります。同じ文章を書くものとして作文がありますが、小論文と作文は書く内容が異なるのです。
作文は自己PRを表すことを書く必要があり、面接をしたいと思わせることが大切になります。小論文は論文やレポートと同じで、与えられたテーマに沿って自分の意見やその説明に対しての根拠といったことを書くのです。文章の流れとして、筋道を立てることが重要になります。感想や自分の体験などを書く作文とは違って、説明や意見、結論までを書くことが望ましいのです。小論文の内容で、テーマに合わせてしっかりと調査し、分析できているのか、自分が主張したいことを表現できているのかなどを見て、受験生の評価が決まります。小論文を書くにあたって重要になるのはテーマですが、どういったことが出題されるのかをある程度把握することで、しっかりと対策することが可能なのです。中でも女性問題や教育などがテーマになることが多く、ニュースや新聞から情報を得ることで、最後までしっかりと書けるようになります。進学だけではなく、就職試験にも出ることがあるので対策しましょう。志望している学科や学部がある場合、小論文から評価され、合否の大きな基準ともなるので、普段から書き慣れるといったことが大切なのです。